「いい質問」が人を動かす

とても面白かったです。質問には6つの力があり、それについて述べていくという構成でしたが、これだけ多くの機能があることがはじめて意識できましたし、それぞれ会話の一部を切り取って実践という形でありましたので今後参考にできそうだと思いました。

 

・質問の機能

→①思考②答え

これによって、

①思いのままに情報を得る

②人に好かれる

③人をその気にさせる

④人を育てる

⑤議論に強くなる

⑥自分をコントロールする

この6つの力を手にすることができる。

・人に好かれるための6つの法則

①外見の魅力②類似性③称賛④単純接触効果⑤協同⑥連合

・質問する態度を良くするために

①あいずち、うなずき②繰り返し③確認、言い換え④姿勢

・人がその気になる2大法則

①自尊心を満足させるため

②自尊心が傷つくのを回避するため

・人間が動くには、まず感情が動いて欲求が発生し、そのあと理性で行動を正当化する

→質問のシナリオにより体験させる

・誤導質問(知らぬ間に肯定させるテクニック)

・ドア・イン・ザ・フェイス法、フット・イン・ザ・ドア法

・「そもそも流議論術」

①そもそも②ところで③だとするならば

・自分を変える「いい質問」節中のことば

「私たちも、何かを始めるとき、「できるはずがない。なぜかと言うと~。」と言って、できない理由ばかりを探していないでしょうか。それよりも「どうすればできるか?」を考えるべきです。」

 

特に最後のできない理由を探すということに関しては身近にいる友人を見て思うことがあるし、また、自分の意識していない中でも先輩からできない理由を探しても仕方ないよと言われたこともあります。自分で考える時でもできるだけその考えを客観視できるようになりたいものです。